arablog

アラブの歴史上で最も有名なラクダ

投稿日:



皆さん、こんにちは。

またもや久々の記事となってしまいましたが、今日は「世界ラクダの日」です。

以前、アラビア語にはラクダを表す単語が沢山あるということをご紹介しました。

車も飛行機もない時代、砂漠の移動にラクダは欠かせない存在でしたし、かつては部族の強さは所有するラクダの数で決まっており、花嫁の価値を決める持参金もラクダでした。

荷物の輸送や商売に役立つ上、搾乳もできてお肉も食べられる、ということでラクダはアラブ人の生活とは切り離せない重要な動物であり、現在もそれは変わっていません。

そういうわけですので、アラビア語の詩や文学、諺や格言の中にラクダは沢山登場します。

今日はアラブの歴史上で最も有名なラクダにまつわるエピソードをご紹介したいと思います。


滅ぼされたサムードの民に贈られた神のラクダ


一番目のエピソードは、サムードの民に贈られた神様のラクダについてです。

イスラームが始まる以前の時代、アラビア半島の北西部にサムードというアラブの部族が暮らしていました。

サムードの民は多神教の偶像を崇拝していたので、神は預言者サーリフを遣わし、唯一の神(アッラー)を信じるよう警告しました。

しかしサムードの民はサーリフの言葉に耳を貸さず、先祖代々信仰してきた多神教を棄てようとしませんでした。

神はサーリフの言葉を人々に信じさせるために奇跡を起こし、人々に立派な雌ラクダを贈りました。

にも関わらず、サムードの民はサーリフを詐欺師呼ばわりして信じず、ついには神のラクダを殺してしまいました。

結果としてサムードの民は神の怒りに触れ、滅ぼされてしまいました。

サムードの名前は聖典クルアーンの中でもしばしば登場します。

サムードが住んでいたと信じられているのが現在のサウジアラビアのマダーイン・サーリフ(「サーリフの町」の意)というナバテア王国時代の古代遺跡がある場所です。

マダーイン・サーリフは神に滅ぼされた呪われた町ということで、長らく地元民も近づかないような場所でしたが、2008年にユネスコによって世界遺産に登録され、近年はサウジ当局も観光資源の開発に力を入れています。



ラクダが切っ掛けで始まったバスース戦争



次の物語もイスラーム以前の5世紀頃に、アラビア半島中部のナジド地方で起きた出来事です。

タグリブ部族の族長であったクライブ・ビン・ラビーアは大変傲慢な性格で、自分の領地内で他部族の家畜が許可なく放牧されているのが我慢できない質でした。

ある日、領地内で見慣れない他所のラクダを見つけ、弓矢で射殺してしまいました。

そのラクダは、クライブの妻を訪れていた親類のバクル部族のバスースという女性の所有するラクダでした。

バスースは甥のジャサースの元へ行き、侮辱されたと訴えたので、怒ったジャサースはクライブを槍で刺し殺しました。

この事件を切っ掛けにバクル部族とタグリブ部族の間で40年も続く「バスース戦争」が始まりました。

なお、この時、どちらの側につくのかと尋ねられた賢人アルハーリス・ブン・ウバードは、くだらない戦いに巻き込まれるのを嫌い、有名な言葉「この戦争に関して俺は雌ラクダも雄ラクダも持っていない(لا ناقةَ لي فيها ولا جمل)」を述べ、この言い回しは諺になって1500年経った今でも使われています。


預言者ムハンマドのラクダ:カスワーゥ


最後のエピソードは預言者ムハンマドの所有していた雌ラクダ、カスワーゥ(ٱلْقَصْوَاء‎)についてです。

カスワーゥは忍耐強さと歩くスピードの速さ、そして美しさのために、預言者ムハンマドのお気に入りでした。

たとえば622年に預言者ムハンマドがメッカからメディナへヒジュラ(聖遷)した時にこのラクダに乗っていたほか、624年のバドルの戦い、629年の巡礼時、630年のメッカ征服の時もこのラクダが一緒だったとされています。

つまり歴史上の重要事件のほとんどでこのラクダに乗っていたということになります。

632年に預言者が死亡した後、カスワーゥは他の者からの餌を受けつけずに弱ってしまい、飢えて死んでしまったということです。14歳でした。



いかがでしたでしょうか?

アラブの歴史に登場する重要なラクダのエピソードを3つほどご紹介させていただきました。

本当はもっと沢山あるのですが、それはまたの機会にご紹介したいと思います。

それでは最後まで読んでくださってありがとうございます。

マアッサラーマ。


参考記事:الإبل في التراث العربي والإسلامي

-arablog


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アラブの諺:ウルクーブの約束(مواعيد عرقوب)

今日ご紹介するアラブの諺は、「約束や期日が当てにならないこと」を表す表現です。 مَوَاعِيدُ عُرقُوبٍ (マワーイード・ウルクーブ) (※文法用語がわからない人は、ここはさらっと流しま …

クーデターで学ぶアラビア語

皆さん、こんにちは。 最近、北アフリカがどうも騒がしいですね。 今日のタイトルは「クーデターで学ぶアラビア語」です。 先週はアルジェリアの大統領がデモによって退陣しましたが、昨日はスーダンでクーデター …

パレスチナ問題(القضية الفلسطينية)

新聞やニュースを読むのに必要となる単語をquizlet を使って分野別に学習していきたいと思います。 Quizletの詳しい使い方についてはこちらのページもご覧ください。 単語リスト 今日はパレスチナ …

シーア派宗教行事とアシュラについて(عاشوراء)

  今日はイスラーム教の宗教行事「アシュラ」について書きたいと思います。 アシュラعاشوراءはヒジュラ暦التقويم الهجريの1月に当たるムハッラム月المحرّمの10日目のこ …

アラブの諺:犬は飢えさせ従えよ(جوع كلبك يتبعك)

こんにちは。😀 今日はイスラーム以前の時代の暴君が言い放ち、後に諺として使われるようになった言葉をご紹介します。 جَوِّعْ كَلبَكَ يَتبَعْك (ジャウウィウ・カルバカ・ヤトバアカ …